> > Q:個人事業主から株式会社にするメリット、デメリットとは?

Q:個人事業主から株式会社にするメリット、デメリットとは?

A:大まかに言うとメリットは税金面での優遇と社会的信用のアップ。デメリットは社会保険への加入が義務となるので、費用や煩雑な事務処理が増える事と、赤字でも毎年最低限の法人住民税の均等割りという税金(旭川に本店所在地がある場合は毎年8万円)を支払わなければならない事です。

箇条書きにすると

・メリット

  1. 社長自身が個人事業所得者から給与所得者になり税金面で有利になる。
  2. 個人事業主とは取引をしないという会社が未だに多数存在する日本では法人化する事により取引先が広がったり、銀行から借り入れがしやすくなる等の社会的信用のアップ。
  3. 経費として認められる幅が広がる。
  4. 個人事業主と違い社長自身も厚生年金に加入出来る。(節税効果も大きい)
  5. 家族への給与支払いにより所得分散をして経営者自身の所得税や住民税の節税が可能。
  6. 経営者やその家族への退職金の支払いが可能。
  7. 会社という社会的信用により個人事業主よりも有能な人材確保がしやすい。
  8. 資本金1000万円未満であれば最初の事業年度は消費税が免除される。
  9. 借入金や未払い金、利子などは出資の範囲でのみ返済義務を負う有限責任となる。個人事業主の場合は無限責任の為、全額返済の義務がある。
    ※中小企業や一人会社が金融機関に融資を申し込むときに社長個人が連帯保証人となる事が多いですが、これは無限責任を負っているのとほぼ同じ※
  10. 相続税の軽減が出来る。

・デメリット

  1. 所得が赤字であっても先に述べた税金を支払わなければならない。
  2. 社会保険への加入義務による費用や事務負担の増加。
  3. 税務申告の複雑化。
  4. 法人化する為の手続きや費用が必要。
  5. 事業を廃止するときも費用や複雑な手続きが必要。

と、他にもメリットデメリット共に細かい所を言い出せば切りが無い位有りますし、個人個人の事情の違いでも変わってきますので、大体の人が気になりそうなものだけを書いてみました。

参考として税金面の主な違いの例を記しておきます。

700万円の所得の例

個人事業主なら
 所得税67万円+住民税45万円+事業税21万円=133万円
に対して、株式会社だと
 所得税36万円+住民税26万円+法人税7万円=69万円
となります。

全然違うじゃん!!絶対に法人化したほうが良いじゃん!!

・・・と、思うかもしれませんが、これはあくまでも税金上のメリットを数字化しただけで実際は社会保険料が掛かったり、事務処理が苦手な方は税理士さんや社労士さんに顧問料を毎月支払ったりと結構な金額の負担も増えます。従業員が増えれば増えるほどその負担も増えて行きます。

会社というのはそれだけ社会的責任を負っているという事です。それだけの責任を果たしているからこそ、個人事業主よりも社会的信用が有るんですよね。法人化する際に、メリットデメリットだけではなく社会的責任も判断材料の一つとして考えてみて下さいね。

行政書士朝倉友武事務所

〒070-0073
 旭川市曙北3条6丁目1番地11
 「エステサロン ル・ソレイユ」2階

電話:0166-21-3028
(9:00~18:30・日祝除く)

メールでのお問い合わせ
(24時間・年中無休で受付)


大きな地図で見る